企業の集客と経営課題解決のための
動画ソリューション事業について

忍者プロダクションの動画ソリューション事業について

ここでは、忍者プロダクションが手がける動画ソリューション事業についてご紹介します。当プロダクション独自の試みや、SEO対策において動画をどのように活用しているのかなどについご覧ください。

事業概要

当プロダクションが展開しているのは、「動画のマーケティング」「動画の企画構成」「撮影」「編集」「Webプロモーションと企業の経営課題を解決する手法」を組み合わせた独自の動画ソリューション事業です。

たとえば当プロダクションには、提携企業と共同し地方にある帽子メーカーの集客用動画を制作した実績があります。SEOと動画を組み合わせることで、帽子のOEMを受注する仕組みを構築することに成功。その結果、半年で600件以上のOEM依頼を生み出し、メーカー企業様の経営改善を実現しました。

当プロダクションでは、この新サービスを周知し広く展開できれば、集客や経営上の課題に困っている多くの企業の収益改善に役立てると考えています。「動画マーケティングの観点」「ローコストの動画制作」「確実なWebプロモーション」「企業の収益が上がるような根本の課題を解決する手法」といった要素を組み合わせたサービスは、競合他社にはない当プロダクションの魅力と言えます。

また、地方の企業でも成功した事例があることから、この事業は地方創生として社会的意義も非常に高い取り組みであると考えています。

マーケティング戦略

サービスの特徴

当プロダクションの事業では、「一般ユーザーが今後求めるニーズは何か」「インターネットで何を検索するか」といったキーワードをリサーチします。そのリサーチ結果をもとに、その企業で展開できる事業を再構築。その後、再構築した事業を伝えるためにWebサイトと動画の制作を行い、SEOをかけて集客を進めます。なお、場合によってはWeb広告をかける場合もあります。

こんなお客様におすすめ!

当プロダクションは、独自の技術や商品、サービスを持っているにもかかわらず、うまくWeb展開できないメーカー企業様に高クオリティーの動画をお届け。動画の企画から活用法まで徹底的にサポートします。予算の関係でWeb集客ができないという企業様も、お気軽にご相談ください。

顧客開拓方法
  • ホームページを集客用にリニューアルし、SEOをかける
  • 既存顧客から紹介してもらうため、新サービスの案内文を送付
  • 独自リサーチでターゲット企業を調べ、営業を行う
  • SNSやブログを使い、情報発信を行う
顧客ニーズと提供サービスの合致

動画を使ったプロモーションの需要は今後ますます増加傾向にあります。しかし、予算に限りがあるため、従来の映像制作の価格サービスでは、お客様の目的を達成できないという課題がありました。

そこで当プロダクションは、今後求められるニーズは、お客様の目的に応じた動画制作と、目的達成のためにSEOや広告運用などのWebプロモーションを組み合わせたものであると考えました。当プロダクションが展開する新サービスは、各分野の専門家とコラボレーションし、お客様の課題解決のため、チームとして行動します。そのため、あらゆる顧客ニーズに応えたサービスを提供できると考えています。

忍者プロダクションの強み

当プロダクションの強みは、事業主自身が「動画のマーケティング」「動画の企画構成」「撮影」「編集」「Webプロモーション」など、動画制作に必要な作業すべてにおいて豊富な知見と経験、ノウハウを持っていることにあります。その結果、各分野の専門家とうまく連携し、これらをうまく組み合わせることで独自のサービスを提供できます。

このようなサービスを提供することで、お客様は従来の映像会社のように費用が高く、効果があったのか不透明な動画制作にお金をつぎ込む必要がなくなり、お客様自身の動画制作に対する課題を解消することもできます。当プロダクションのように、制作だけにとどまらずソリューションを目的とした映像制作会社は市場でもあまり見られません。

仮に他社が参入しても、「旧態依然の価格帯やサービス内容を見直す」「各分野の専門家を見つけて、チームを組む」といった手間のかかる作業をする必要があるため、模倣されにくいと言えるでしょう。

ITの活用

SEO対策において、動画を使う事例はまだ少ないのが現状です。しかし、Googleが動画のあるWebサイトを評価していることから、今後のWeb集客において動画の役割は大きくなると言えます。

今回の動画ソリューション事業の要諦は、SEOの順位を上げるために動画を活用するところにあります。ほかのSEO業者は動画については見識がないため、動画の活用スキルがあることは当プロダクションの大きな強みです。また、SEOを上げるためには既存のYouTubeで十分に対応可能。お客様が新たなコストをかける必要がないのも大きな利点です。